previous arrow
next arrow
Slider

日本人の4人に一人が腰痛で動けなくなったことがあるってご存知ですか?

令和2年6月15日武蔵野市場前交差点にOPEN!

寝てるだけの整体マシンと気軽な10分運動療法 100年時代を健康に過ごすため、気軽に続けられる運動を。

腰痛や肩こりで動きたくない・・・仕事や家事が辛いという経験はありませんか?
あちこちの接骨院や病院に通っても、腰の痛みが取れない・・・
実は日本人の4人に1人が、腰痛により仕事や家事を数日間休んだことがあるという調査結果が出ています。そんなとき、身体の筋肉を柔らかくし、姿勢を維持するコアマッスルを鍛えれば、腰痛解消の上、より健康な体力をつけることがきます。
ボディメンテナンスジム調布は、筋肉をほぐすボディメンテナンスマシンと、理学療法士が開発した姿勢維持の10分健康運動で、自然にコアマッスルを鍛え、姿勢改善で健康維持ができる、人生100年時代の全く新しい健康フィットネスクラブです。今まで運動に縁のなかった初心者でも安心です。
最新鋭のマシンで、あなたの健康維持をお手伝いします。
療法イメージ

お客様の声

ボディメンテナンスジム他店舗のお客様の声になります。

  • 車椅子での移動が今は歩いて通えるように。

    90代女性

    思えば、こちらに来るまでは移動手段は車椅子でしたが、お友達から話を聞いてお世話になるようになりました。おかげさまで今ではバスに一人で乗って来られる様にまでなりました。体重も減り毎日が楽しみで通っています。

  • 悩んでいた腰痛も楽になりました。

    60代女性

    筋肉を付けながら、姿勢を良くする方法を指導頂き、順調に生活できています。日々の生活がずっと楽になりました。悩まされていた腰痛もすっかり解消しました。寝てるだけでいいマシンが多いのでマッサージの感覚で通えています。

  • 気持ちが明るくなりました。

    50代女性

    運動したことがなく、何かしないといけないと思っていました。マシンジムより、ゆるい感じの内容なので、これならと思って決めました。毎日、同じ生活リズムなので、軽めの内容がいい感じの刺激になっています。気が付けば、姿勢が良くなって気持ちも明るく健康的になっていると思います。

  • きつくないので長続きできます。

    60代男性

    リハビリで病院に通っていましたが、期間が終わって自分で運動を続けてくださいと言われたのがきっかけでした。スポーツジムに行ったことはありませんが、キツイ運動はないので続けられています。腰も楽になってしっかり歩けるようになりました。

「腰痛研究と運動療法のエキスパート」赤羽 秀徳氏がスタッフ研修とプログラムを監修

「腰痛研究と運動療法のエキスパート」赤羽 秀徳氏

赤羽 秀徳 (あかは ひでのり)

(一社)赤羽総合腰痛研究所 代表理事
(一社)国際統合リハビリテーション協会 理事
対話的腰痛アプローチ ILPTセミナー(Interactive Low back Pain Technology) 主宰   
理学療法士 博士(工学) 選択理論心理士 国際マッケンジー協会認定療法士

理学療法士の資格取得後、大学医学部付属病院に勤務し、特に腰痛外来の治療に従事。その間、マッケンジー法の認定療法士を取得。
腰痛の対処には、多面的なアプローチが必要と感じ、多数のセミナーに参加。その後、今までの知識・技術を融合し、現在の独自の対処法にたどり着く。2012年より独自の対処法普及のために独立開業し、セミナーを開催。
2015年には、一般社団法人赤羽総合腰痛研究所を設立。「ニッポンの“不必要な”痛みを鎮めよう!」をモットーに、企業向けセミナー、一般向けセミナーなども実施し広く活動している。